上越看護専門学校

FEATURE 学びの特色

伝える力と受け取る力を養う

入学してすぐにグループワークでの授業が始まります。様々なディスカッションを通して相手を理解し、自分を理解してもらうことを目的としています。
相手に分かりやすく伝える能力、相手の話を受け取る能力を高めることによって信頼される看護師になっていきます。
チーム医療に必要な情報を共有するためのコミュニケーション能力にも繋がっていきます。

確かな看護実践力の育成

フィジカルアセスメントモデルやシミュレーターを用いて臨床での判断能力や実践に必要な基礎的能力を鍛えます。
学内での数多くの技術演習が臨地実習での基礎となり、現場での自信に繋がります。
熱意を持った専任教員はもとより、経験豊かな講師達による専門性の高い授業を受けることができます。

地域に根付いた学習環境

当校は上越地域の多くの医療・福祉施設で実習できます。
様々な役割を持つ実習先で学ぶことで、看護職者としての視野が広がり保健、医療、福祉チームの一員として活躍できる力を身につけます。
地域のボランティア活動にも積極的に参加し、地域の皆さんとの関りを深くしています。

社会人基礎力の向上を図る

社会人基礎力とは基礎的学力、専門知識・技術をうまく活用してくための重要な能力です。
一歩前に踏み出す力、疑問を持ち考え抜く力、多様な人々と目標に向かって協力する力をバランスよく身につけていくことが大切となります。
当校では定期的に自分自身の社会人基礎力を分析し、基礎力向上を意識した行動をするように指導しています。

教育目的

看護を実践するために必要な知識、技術、態度を修得させるとともに人間として豊かな感性を培い生命を尊重し、自律した行動がとれる看護師を育成し、もって地域の人々の健康と福祉の向上に貢献する。

教育目標

  • 生命を尊重し、感性豊かで思いやりのある人間性を養う。
  • 看護の対象である人間を身体的・精神的・社会的に統合された生活者として幅広く捉える能力を養う。
  • 対象の健康・生活レベルに応じて科学的思考に基づいた看護を、医療安全・倫理を踏まえて実践できる能力を養う。
  • 保健・医療・福祉チームの一員として他の職種と恊働するマネジメント能力を培い、看護の役割と責任を遂行する能力を養う。
  • 看護師としての自覚と責任を持ち、時代に応じた知識・技術・態度を学び続ける基礎的能力を養う。
  • 広い視野に立って、多様な文化価値観を理解するとともに地域社会や国際社会に貢献できる能力を養う。

医療の「今」取り入れたキメ細やかなカリキュラムを用意しています。

専門分野Ⅰ 基礎看護学(1年生)

最初に学習する専門分野で、看護学において重要な人間・環境・健康・看護とは何かを学びます。そして、看護の各領域に共通する知識・技術演習では、足浴や血圧測定、注射など看護技術の習得も学習します。

専門分野Ⅱ 小児看護学

小児が健やかに成長し発達することが出来るように援助することを学びます。そして、小児のもっている能力を最大限に生かした生活が送れるよう、親や家族とともに考え援助することを学びます。

CURRICULUM カリキュラム 3015時間

基礎分野(13単位・390時間)
  • 論理的思考
  • 情報科学
  • 生活科学
  • 人間理解(存在)論
  • 人間関係論
  • 現代の哲学
  • 臨床心理学
  • 生涯教育論
  • 日本文化論
  • 現代家族論
  • 医療英語Ⅰ・Ⅱ
  • レクリエーション理論と・実践
専門基礎分野(21単位・510時間)
  • 形態機能学
  • 病態生理・治療学
  • 薬理学Ⅰ・Ⅱ
  • 代謝栄養学
  • 現代医療論Ⅰ・Ⅱ
  • 保健医療福祉論
  • 関係法規
専門分野Ⅰ(13単位・405時間)
  • 基礎看護学
  • 臨地実習
    ・基礎看護学実習Ⅰ・Ⅱ
専門分野Ⅱ(38単位・1320時間)
  • 精神看護学
  • 母性看護学
  • 小児看護学
  • 成人看護学
  • 老年看護学
  • 臨地実習
    ・成人看護学実習Ⅰ〜Ⅲ
    ・老年看護学実習Ⅰ・Ⅱ
    ・小児看護学実習
    ・母性看護学実習
    ・精神看護学実習
統合分野(12単位 390時間)
  • 在宅看護論
  • 看護の統合と実践
  • 臨地実習
    ・在宅看護論実習
    ・看護の統合と実践実習

時間割例

FUTURE 資格・就職 現場経験者の講師陣がきめ細かな指導で未来をサポート

就職先(過去3年間)

上越

国立病院機構さいがた医療センター/新潟労災病院/ 県立中央病院/県立柿崎病院/ 厚生連上越総合病院/ 厚生連けいなん総合病院/厚生連糸魚川総合病院/上越地域医療センター病院/知命堂病院 ほか

県内

国立病院機構新潟病院/長岡赤十字病院/県立十日町病院/県立六日町病院/県立がんセンター新潟病院/魚沼基幹病院/厚生連魚沼病院 /厚生連柏崎総合医療センター/厚生連新潟医療センター/小千谷総合病院/信楽園病院/新潟市民病院 /西新潟病院 ほか

県外

独立行政法人埼玉病院/武蔵野赤十字病院/東京医療センター/板橋中央総合病/横浜南共済病院/長野県立須坂病院/大阪東住吉森本病院 ほか

MESSAGE 在校生メッセージ

山口 美沙希 さん
新潟県立高田高等学校 出身

日々の学習や技術演習を通して自分の理想とする看護師像について考えてきました。入学前は漠然としていましたが、今は明確なものになり、患者さんが発するメッセージにいち早く気づき、その人が抱える様々な苦痛に寄り添い、和らげられるような看護師になりたいと思っています。
授業では専門的な内容が増え、自分の看護技術に納得できないこともあり、不安になる時がありますが、看護師になるという同じ目標を持つ仲間と励まし合い、支え合って自分の理想の看護師に近づけるよう、日々の学習や技術演習に励んでいます。

星野 芹香 さん
新潟県立高田農業高等学校 出身

入学してすぐに専門的な授業が多く不安や悩むこともありますが、学内や実習において看護師や教員からの指導を頂きながら成長していくことができます。
2年生後半から領域別実習が始まり、多くの時間が病院、施設での実践となります。そこでこれまで身につけてきた基礎の知識や技術が実習の場で活かされていることを感じます。
患者さんやその家族の思いやニーズに気づくことができる理想の看護師に近づけるよう日々、仲間と支え合いながら共に頑張っています。

もっと詳しく知りたいなら!